2017年07月4日


歯科衛生士が職場で人間関係をよくするにはどのようなポイントがあるの?

歯科衛生士が職場で気を付けるべき人間関係の注意点とは?

職場での人間関係に悩んでいる歯科衛生士さんは多く、実際に退職・転職の理由としても人間関係は上位の理由となっています。

では、歯科衛生士が職場での人間関係において悩みを抱えやすい理由や、気を付けるべきポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

悩める歯科衛生士さん、必見です。

「歯科衛生士が職場で人間関係をよくするにはどのようなポイントがあるの?」の目次

歯科医院における人間関係
歯科衛生士が心がけるべきポイント

歯科衛生士の職場における人間関係の特徴

人間関係の特徴

歯科衛生士さんの職場の多くは、歯科医院です。

歯科医院には一般企業や病院などと違い、いくつかの特徴があり、それが原因となって人間関係に影響を及ぼすこともあります。

では、歯科医院が持つ特徴とはどのようなものでしょうか?

少人数の職場である

一部の大型の歯科医院を除き、歯科医院で働くスタッフの人数はあまり多くはありません。

歯科衛生士以外の歯科医師、歯科助手、受付などを含めても数名で運営している歯科医院が多数派でしょう。

そのため、人間関係が良好なときは良いのですが、一度人間関係が悪化すると影響が大きく、改善しにくい部分もあります。

資格や職種の違い

歯科医院には歯科医師(院長)、歯科衛生士、歯科助手や受付、といったように持っている資格によって役割が異なってきます。

そのため、単に個人間だけではなく、職種間のパワーバランスが発生することがあり、それによる人間関係の変化も起こりえます。

女性の多い職場

性別によってステレオタイプに判断するのは良くないことですが、一般的に歯科医院で勤務するスタッフには女性が多く、そのことに起因して人間関係への影響が出ることがあるとの意見も聞かれます。

人間関係を良好に保つために心がけるべきこと

職場での注意点

歯科衛生士さん自身が気を付けることで、職場での人間関係を良好なものにしやすくなるというポイントもあります。

ぜひ、自分自身が心がけてみることで快適な職場環境を目指しましょう。

普段からコミュニケーションを

患者さんが多く、忙しい歯科医院などではコミュニケーションが不足しがちです。

しかし、普段からコミュニケーションをとっていることによって関係性が築かれていくこともありますし、コミュニケーションが少ないとちょっとしたことで誤解や齟齬を生み、人間関係を悪化させてしまうこともあります。

ほかの職種のスタッフへの理解

歯科衛生士という国家資格保有者であるからか、歯科医院内では、歯科医師に対して「歯科衛生士のことを軽視している」と感じたり、歯科助手に対して「資格も知識もないのに口を出さないでほしい」などと感じたりすることもあるようです。

ほかの職種のスタッフについても相手の立場を理解し、尊重することで職種間の円滑な関係性を構築することができるでしょう。

「歯科衛生士は入職時にちゃんと雇用契約の内容を確認している?」の関連コンテンツ


★ SNSで最新お役立ち情報を受け取ろう

Twitterアカウントをフォロー

Facebookアカウントをフォロー

Instagramアカウントをフォロー
Instagram


★ ファーストナビは歯科衛生士のお仕事紹介実績No.1!

求人紹介サービスに登録
登録して【ファーストナビ歯科衛生士限定】非公開求人を受け取る